サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
加藤 敏次
2018-02-27

コンデンスリッチ豊胸で脱AAカップ!大幅にバストアップできた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンデンスリッチ豊胸で脱AAカップ!大幅にバストアップできた理由

「胸が小さいのが恥ずかしくて温泉に行けない……」「好きな服が選べない……」。コンデンスリッチ豊胸なら、そのようなお悩みも解決できます。今回ご紹介するゲストは、術前のバストサイズがAAカップでした。そんなバストも、2回のコンデンスリッチ豊胸で見違えるように! このゲストの術前後の写真とわざわざ2回に分けて注入した理由をお話しします。

術前のバストサイズは、AAカップ

コンデンスリッチ豊胸前のバストサイズはAAカップ「AAカップの小さな胸をどうにかしたい」とのお悩みで来院されたゲストをご紹介します。上半身は痩せているものの、下半身に比較的脂肪がついていたので、太ももの内側と外側から脂肪を採取し、コンデンスリッチ豊胸を行うことになりました。

脱AAカップ! コンデンスリッチ豊胸の術前後を比較

大幅にボリュームアップさせたいとのご希望があったので、コンデンスリッチ豊胸を2回に分けて行うことを提案しました。1度目のコンデンスリッチ豊胸から3ヶ月以降(定着が落ち着く時期)に2回目を行った写真が右。同時に乳頭縮小も行っています。同じ方とは思えないほどの見違えるバストになりました。バストに膨らみができ、これで脱AAカップです。

コンデンスリッチ豊胸の術前後写真

サイズをできるだけ大きくするなら、2回のコンデンスリッチ豊胸が有効

コンデンスリッチ豊胸で大幅にバストアップしたいからといって、一度で多くの脂肪を注入するのは危険です。1度の脂肪の注入量は、片胸250cc前後が限度。仮にそれ以上注入できたとしても、脂肪がすし詰め状態になり、バストの高い内圧によって壊死してしまいます。

つまり、サイズをできるだけ大きくするなら1回の注入量を増やすのではなく、2回に分けて注入すべきです。その方がしこりのない大きなバストに仕上がります。また、1度目の注入で腫れた際に皮膚が伸びるので、定着も良好です。


まとめ

  • できるだけバストサイズを大きくしたいなら、2回のコンデンスリッチ豊胸がおすすめ
  • 1度で多くの脂肪を注入しても脂肪が壊死し、しこりの原因になってしまう
  • 1度目のコンデンスリッチ豊胸で腫れるので、その伸びた皮膚が2回目の定着に有効

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*