サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
大橋 昌敬
2018-03-30

痩せている方でも問題なし! 授乳後の脂肪注入豊胸例【写真あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
痩せている方でも問題なし! 授乳後の脂肪注入豊胸例【写真あり】

授乳後、女性の体の中で最も大きく変化する部位の一つはバストではないでしょうか。授乳を経て「胸を見られるのが恥ずかしくて温泉に行けない」と相談にいらっしゃる方も少なくありません。ここでは、授乳後のバストのお悩みを脂肪注入豊胸で解決した例をご紹介しましょう。

授乳後の豊胸相談/30代の痩せ型ゲスト

授乳後の豊胸相談にいらしたゲスト授乳経験のある30代女性が、コンデンスリッチ豊胸を希望されて相談にいらっしゃいました。こちらのゲスト、かなりの痩せ型でデコルテが寂しい印象を受けます。さらに、授乳による下垂を認めました。

痩せているゲストの中には胸の皮膚の伸展が望めず、BRAVA(ブラバ)を併用して脂肪の注入スペースを確保することもあります。ただ、今回のゲストは授乳後ということもあって、皮膚の伸展性は十分で脂肪を注入するスペースが見込めました。

授乳後のバストは脂肪定着に好条件!

授乳後の脂肪注入豊胸が有効な理由妊娠中・出産後を経験した女性のバストは、乳腺の働きが活発になるため、ボリュームが大幅にアップします。それに伴って皮膚も伸びますが、授乳を終えると乳腺の働きが弱まり、ボリュームは元の大きさに戻ります。一方、皮膚が元に戻ることはありません。つまり授乳後のバストは、空気の抜けた風船のように皮膚だけが余る形になるわけです。

ただこの状態は、脂肪注入豊胸には好条件と言えます。脂肪を注入できるスペースが十分に確保されているからです。逆に皮膚に余裕がない状態で注入すると脂肪が壊死し、しこりの原因になってしまいます。

コンデンスリッチ豊胸で大きな変貌を遂げた授乳後のバスト

コンデンスリッチ豊胸前と6ヶ月後の写真を比較してみました。脂肪は6ヶ月で完全に定着するので、ここからボリュームダウンすることはありません。

術前はデコルテの骨が見えていましたが、コンデンスリッチ豊胸によってふっくらとしたバストに。左右差も改善され、自然かつハリのあるバストに仕上がりました。ゲストも仕上がりに大変満足していただけたようで、嬉しい限りです。

授乳後の脂肪注入豊胸(術前/術後)


まとめ

  • 授乳後のバストは、乳腺の委縮とともに伸びた皮膚が原因でしぼんでしまう
  • 授乳後のように皮膚が伸ばされたバストの方が、脂肪の定着に有利
  • たとえ痩せ型でも、授乳後であれば十分な脂肪の注入スペースを確保できることが多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者のご紹介

大橋 昌敬

大橋 昌敬

得意分野
  • トータルボディデザイン
  • 脂肪吸引
  • 豊胸脂肪注入

日本で外科学の博士号を取得した後、高水準の医療技術を求められるカナダで心臓外科医として活躍する。帰国後は、美容外科医に転身し、学会や論文の発表にも積極的に取り組む。
無料メール相談、カウンセリング時の誠実な対応で、指名するゲストも多い。

  1. 1965年
    福岡県生まれ
  2. 1990年
    久留米大学医学部 卒業
    久留米大学医学部 第二外科 外科学 入局
    (胸部外科学、救急医学、麻酔全般を習得/博士号取得)
  3. 1994年
    Tronto General Hospital(Canada)
  4. 2000年
    聖心美容外科 東京院副院長 就任
  5. 2003年
    聖心美容外科 福岡院院長 就任
  6. 2009年
    THE CLINIC 福岡院院長 就任
  7. 2012年
    THE CLINIC 東京院院長 就任
  8. 2015年
    THE CLINIC 技術指導医 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 統括指導医 就任
  • 日本美容外科学会専門医
  • 日本外科会認定医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本臨床抗老化医学会正会員
  • 日本形成外科学会会員
  • サーメージ認定医
  • カンタースレッズ認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医
  • TOTAL DEFINER by Alfredo Hoyos 認定医

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*