サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
福田 越
2018-02-27

大き過ぎるシリコンバッグは不自然! 除去と同時の脂肪注入豊胸例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大き過ぎるシリコンバッグは不自然! 除去と同時の脂肪注入豊胸例
豊胸手術で胸を大きくしたい!そう思うあまり、他院で大き過ぎるシリコンバッグを挿入されたゲストが、「自然なバストを取り戻したい」とのことで来院されました。ここではTHE CLINIC が行う、自然なバストを取り戻す豊胸術をご覧いただきます。

豊胸相談:大き過ぎるシリコンバッグの挿入で見た目が不自然に

シリコンバッグの除去相談にいらしたゲストの症例です。バストのサイズに釣り合わない大きさのシリコンバッグを挿入されており、バストが不自然な印象を受けます。
エコーで診察したところ、両胸のシリコンバッグに破損とカプセル拘縮を認めました。

大き過ぎる豊胸シリコンバッグを挿入された例

自然さを重視し、シリコンバッグ除去と同時のコンデンスリッチ豊胸を希望

本来の姿形がない豊胸シリコンバッグとバストゲストは、バストの大きさよりも自然な見た目を重視したいとのことでした。そこで希望されたのが、シリコンバッグ除去と同時のコンデンスリッチ豊胸です。中には除去のみを希望される方もいらっしゃいますが、除去のみだと左の画像のようになるケースもあります。これは、右胸だけシリコンバッグを取り出した状態。カプセル拘縮が進み、被膜が厚くなっていました。さらに、肋骨が陥没したかのように変形しています。
右の画像は、取り出したシリコンバッグです。酷く破損しており、本来のシリコンバッグの原形を留めていません。片胸275ccのシリコンバッグが入っていました。

シリコンバッグ除去時「被膜」をキレイに残す意味とは?

私たちは、シリコンバッグ除去と同時のコンデンスリッチ豊胸で気を付けていることがあります。それは被膜(シリコンバッグの周囲にできる自己組織の膜)をキレイに残すこと。今回も被膜を残してシリコンバッグを除去しています。
被膜をキレイに残すことで、しこりのリスク回避が可能なのです。被膜内は血流が通っていないため、ここに脂肪が入り込むと呼吸ができず、壊死してしまいます。壊死した脂肪は、後にしこりに。こういったリスクを避けるためにも、私たちは被膜をキレイに残すようにしています。

被膜を残す理由

シリコンバッグ除去前とコンデンスリッチ豊胸後を比較

シリコンバッグ除去前とコンデンスリッチ豊胸後の写真を比較してみましょう。右胸270cc、左胸250ccの脂肪を注入しています。明らかに不自然だったバストが、自然な丸みを帯びたバストになったことがお分かりいただけるでしょう。
多少サイズは小さくなったものの、自然な仕上がりに満足していただきました。

シリコンバッグ豊胸後のバストと脂肪注入後のバスト比較

シリコンバッグに悩まれる方の多くは、脂肪注入への入れ替えを希望

シリコンバッグの不自然さに嫌気がさしたゲストは、多くの場合コンデンスリッチ豊胸を希望されます。このような方たちのために、当院では「シリコンバッグ外来」を開設しています。
シリコンバッグによってバストが変形している、痛みを感じている……。こういったお悩みを抱えているという方は、一度THE CLINIC へご相談ください。これまでの経験を基に、適切な施術を提案いたします。


まとめ

  • バストのサイズに合わないシリコンバッグを挿入すると、不自然な見た目に
  • ゲストが希望されたのは、シリコンバッグ除去と同時のコンデンスリッチ豊胸
  • 「豊胸シリコンバッグ外来」がある当院は、この施術を得意としている

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*