サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
豊胸STATION編集部
2018-06-19

脂肪注入豊胸を安全に受けるための基本−麻酔の種類とリスク軽減策−

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脂肪注入豊胸を安全に受けるための基本−麻酔の種類とリスク軽減策−

豊胸手術を考えてはいるものの、手術への恐怖心が拭えずなかなか踏み込めないという方も少なくないのではないでしょうか? そういった方からよく相談を受けますが、特に多い相談が「その日中に帰れる?気持ち悪いまま帰るのは不安」「痛みは感じないの?」などの麻酔に関する内容です。
脂肪注入豊胸をお考えの方は、施術にはどんな麻酔を使うのか、また麻酔にはどんなリスクがあるのかを知っていますか? 詳しく知らないという方は、この記事をお読みください。麻酔の種類と考えられるリスク、THE CLINIC の麻酔管理について詳しくお話しします。

局所麻酔

局所麻酔とは

最初にご紹介するのは、局所麻酔。名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。局所麻酔とは、注射で痛み止めの薬液を注入する方法で、部分的に行う麻酔です。
身体への負担が少なく、起きたままで手術ができるのが特徴。豊胸手術の場合、バストのサイズや位置の確認が手術中にできるのがメリットと言えます。その反面、意識があることで恐怖感や痛みを訴えるケースも少なくありません。

硬膜外麻酔(局所麻酔)

硬膜外麻酔とは

一部の美容外科で用いられているのが、硬膜外麻酔です。硬膜外麻酔は背骨の中にある脊髄を包む膜の外側に細い管を挿入し、麻酔薬を注入する方法で、医学的には局所麻酔に分類されます。
メリットとしてあげられるのが、うまく効けば痛みを感じずに手術を終えることができること。しかし、麻酔科専門医が行ったとしてもケースバイケースで効果にばらつきがあるというのがデメリットです。
また、ゲストからすれば意識がある状態で背中に針を刺されるということですから、恐怖心の大きさは計り知れません。さらには想像よりもはるかに痛みを感じることもあるようです。

全身麻酔

全身麻酔とは

全身麻酔は吸入麻酔をメインとし、一般的には気管内に挿管後、人工的に呼吸を管理して行う麻酔を指します。これまでにご紹介した局所麻酔とは違って意識がなくなるので、手術中の怖さや痛みはほとんどありません。ただ、どうしても体に大きな負担がかかってしまうのが難点。術後の目覚めの悪さや吐き気を訴える方も多いようです。
また、脂肪吸引や豊胸などの美容施術に限らず、全身麻酔は数万人に1人程の割合で麻酔が原因の事故が起こるリスクがあると言われています。

静脈麻酔(全身麻酔)

静脈麻酔とは

THE CLINIC では、多くのケースで静脈麻酔を使用しています。これは全身麻酔の一種で、腕から麻酔薬を点滴で注入する方法です。眠った状態のため、痛みや怖さを感じないのが特徴。以前は全身麻酔のような目覚めの悪さや麻酔後の気分不良がありましたが、今では静脈麻酔薬も進歩し、そのようなことはほとんどありません。
当院が静脈麻酔をメインに選択した理由には、痛み・怖さを感じないという特長に加えて、こういった背景もあります。

THE CLINIC で徹底している麻酔管理とは?

たとえリスクが少ないと考えられる静脈麻酔でも、投与量が多過ぎると事故に繋がり、逆に少な過ぎると途中で目が覚める、または痛みを感じることがあります。こういったリスクを回避するにはどうすべきなのか、当院で実際に行っている回避策をご紹介します。

適切量の麻酔を注入できる機器を導入

静脈麻酔で考えられるリスクを回避するために重要なのが、適切な投与量の管理です。そこで当院は持続注入器(正確な量を確実に体内に注入できる機器)を導入し、投与量をしっかりと管理しています。もちろん、これまで「途中で麻酔が切れた」という事例はありません。

麻酔科医による麻酔管理のスキル指導・共有

豊胸手術を行う美容外科医

機器を導入したところで、ドクターやスタッフに使いこなせる技術がなければ意味がありません。そこで存在感を発揮するのが、大阪・名古屋院院長の福田ドクター。麻酔科専門医の経験を活かし、全院のスタッフに徹底した管理スキルを指導共有することも行っています。

ドクター・クリニック選びは慎重に

美容外科である以上、医師が「ゲストにとって満足の結果」を実現するのは当たり前のことです。もしあなたがドクターやクリニックを選ぶ際は、手術の技術に加えて、麻酔などの“万が一の場合のリスク”を最小限にする取り組みを行っているか? または万が一の場合に適切な対応ができるか? をカウンセリング時に重視してみてください。「失敗しない美容クリニックの選び方チェック5」が参考になると思います。


まとめ

  • 麻酔には局所・硬膜外・全身・静脈の4つがある
  • 当院の脂肪注入豊胸で使用するのは、ほとんどが静脈麻酔
  • ドクターの麻酔管理スキルは安全な手術を行うために必要不可欠

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*