サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
中居 弘一
2018-09-26

豊胸したら乳がん検診(マンモグラフィ)が受けられないって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豊胸したら乳がん検診(マンモグラフィ)が受けられないって本当?

「豊胸後の乳がん検診は無理ですよね?」
「シリコンバッグ豊胸がバレるのが嫌で、会社の検診が受けられないんです」

30代、40代を迎えて、そろそろ乳がん検診を受けておこうかと考えたときに、以前受けた豊胸手術(シリコンバッグ豊胸)が足かせになってしまう方は少なくありません。

実際、THE CLINIC にも「豊胸していますが、なんとか乳がん検診を受けられませんか?」というご相談が定期的に寄せられています。

今回は、豊胸後の乳がん検診についての質問「豊胸したら乳がん検診(マンモグラフィ)が受けられないって本当?」にお答えするとともに、乳がん検診が可能な豊胸手術をご紹介します。

マンモグラフィとエコー、乳がん検診には2種類ある

現在、日本の乳がん検診は「マンモグラフィ」と「エコー」、2つの方法が主流です。

それぞれに違った特徴があり、マンモグラフィは乳腺のゆがみや石灰化を見つけることに、エコーはしこりの詳しい状態を診断することに適しています。

どちらか一方で検診を行う場合もありますが、初期の乳がん(0.1mm以下の細かい石灰化や、乳腺の中にある小さなしこり)を見逃さないためには、マンモグラフィとエコーを併用した検診が必要です。
(マンモグラフィーとエコーを併用して乳がん検診を行うことでマンモグラフィー単独検診よりも1.5倍、乳癌が多く見つかったというデータもあります。)

乳がんは、発見が遅くなればなるほど、生存率が低くなる病気ですから、マンモグラフィとエコーで密に検査行うべきなのは、言うまでもありません。

乳がん各期における生存率

シリコンバッグ豊胸をしてるとマンモグラフィを断られる場合が多い

そうは言っても、胸に豊胸のシリコンバッグが入っていると、マンモグラフィ検査を断られてしまうことがあります。

シリコンバッグ豊胸をしているとマンモグラフィを断られる理由

マンモグラフィ検査とはの図説マンモグラフィはバストを2枚の板で挟み、強い圧力をかけてレントゲン撮影する検査法。
豊胸のシリコンバッグが入った胸では、この圧力でシリコンバッグが破損してしまう可能性があり、危険なのです。
また、万が一、豊胸のシリコンバッグが破損した場合、検査施設側には、重大な責任問題が残ります。こうした背景から一般の検診施設では、シリコンバッグ豊胸をしている女性のマンモグラフィ検査を断るケースが多いのです。

 

マンモグラフィが受けられない事を理由に、シリコンバッグ の除去を決意した女性

こちらの女性は、マンモグラフィでの検診が受けられず、豊胸のシリコンバッグ(整理食塩水バッグ)の除去を希望されました。

術前の胸(シリコンバッグ豊胸をしているバスト)と、取り出したシリコンバッグです。

乳がん検診を受けるために豊胸のシリコンバッグを除去した女性

当院にはこのような方が、よくご来院されます。

マンモグラフィもOK。 脂肪注入豊胸ならノンストレス

先ほどご紹介した女性、実はこの後で再び豊胸手術を受けられています。

せっかく豊胸のシリコンバッグを除去したのにどうしてでしょうか?

それは、マンモグラフィを受けられる豊胸術があるからです。

脂肪注入豊胸” ならマンモグラフィの検診も通常通り受けていただけます。

(こちらは脂肪注入豊胸後のバストの様子です)

豊胸のシリコンバッグを除去して脂肪注入豊胸を行った女性

いかがでしょうか?

(シリコンバッグ挿入時:左 と 脂肪注入豊胸後:右 の比較)

シリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸の比較

術前後で比べてみると
トップバスト83→86cm
アンダーバスト68cm→67cm。

なんと豊胸のシリコンバッグを入れていた時よりも大きな胸になりました。

豊胸したけど乳がん検診を受けたいという方へ

「今、胸に豊胸のバッグが入っているけれど、乳がん検診が受けたい!」そんな方は以下の手順で行動するのが良いでしょう。
①急ぎであればまずはエコーでの検診を受けてみましょう。
②マンモグラフィも併用した検診が受けたいのであればシリコンバッグを除去しましょう。
③シリコンバッグを除去して胸のボリュームが足りないと感じたときは、マンモグラフィも可能な脂肪注入豊胸を検討しましょう。
(※シリコンバッグの除去と脂肪注入豊胸はできるだけ同時に行うことをおすすめします。

シリコンバッグ除去と脂肪注入豊胸を同時に行うべき理由

THE CLINIC は他院の豊胸のシリコンバッグを除去した実績がございます。
(同時に1日で脂肪注入豊胸を行うことも可能です。)

以下はシリコンバッグの除去と、脂肪注入豊胸を同時に行った当院の症例です。

シリコンバッグの除去と脂肪注入豊胸を同時に行った症例

▷もっと症例を見る

豊胸を検討していて乳がん検診が不安な方へ

「今、豊胸手術を考えているけど、乳がん検診が受けられなくなるのは心配……」そんな方には、定着すれば生来のバストと同じように扱える(マンモグラフィ検査も可能な)脂肪注入豊胸をおすすめします。
①脂肪注入豊胸は豊胸手術を受けていない方と同じように、乳がん検診(エコーもマンモグラフィも)が受けられます。
②さらに仕上がりも自然でパートナーにもバレず安心です。
③人工物特有のリスク(経年劣化や異物反応)もありません。

ぜひ、ご検討ください。

THE CLINIC は4,200例以上を扱ってきた実績がございます。

以下は脂肪注入豊胸で大きな胸を手に入れた当院の症例です。

脂肪注入豊胸で大きな胸を手に入れた症例

▷もっと症例を見る

 


まとめ

  • シリコンバッグ豊胸をしているとマンモグラフィでの乳がん検診は断られる場合が多い
  • 理由はシリコンバッグが破損する危険があり、万一の場合に検診施設が責任を負えないため
  • その点、脂肪注入豊胸はマンモグラフィでの乳がん検診が可能

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*