サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
深堀 純也
2018-09-12

授乳後のバストが垂れるメカニズムとその改善法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
授乳後のバストが垂れるメカニズムとその改善法を解説!

授乳後の垂れた胸を元の状態に戻すには
・糸で引き上げる
・垂れた部分を切開する
などの方法がありますが、「胸に糸はちょっと……」「バストを切るのは傷跡が心配……」と決断できずにいる方も少なくないのではないでしょうか?

そんな方に朗報です。

糸なし、切開なしでも授乳後の垂れた胸が元に戻りました。

今回は、その症例をご紹介しましょう。

 

どの角度から見てもわかる! 授乳後の垂れた胸が脂肪注入豊胸で元に戻った

 

胸に脂肪を注入して6ヶ月経ったバストです。

 

脂肪注入豊胸(コンデンスリッチ豊胸)で授乳後の垂れた胸が改善した症例

どこから見ても胸の下垂が改善したのがお分りいただけると思います。

 

授乳後の垂れた胸を元に戻したのはコンデンスリッチ豊胸(脂肪注入豊胸)

「胸が垂れているのに豊胸?」「重みで余計に下垂するのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、脂肪注入でバストの垂れが改善するのは、とても理にかなった考え方なのです。

 

バストはボリュームが減るから垂れる

ふうせんを思い浮かべてみましょう。

膨らましたてのふうせんは、表面がなめらかでシワの一つもありません。

これは、中に空気がたくさん入っているからです。

 

実は胸も同じ。
皮膚の中に脂肪がたくさん入っていれば、バストはぱんと張って、垂れることがありません。
中身がないからシワができたり、垂れたりしてしまうのです。

 

とりわけ授乳後の胸は、妊娠と出産で一度は大きく発達した乳腺が急激に小さくなってしまうので、ふうせんは大きくなっているのに、空気が減ってしまっている状態。
垂れやすくなるのは無理もありません。

 

脂肪注入豊胸は、失われたボリュームを補って大きくなったふうせんにしっかりと空気をいれてあげるシンプルな治療法なのです。

 

シンプルだけどしっかりこだわる

ですが、当院の脂肪注入豊胸には独自のこだわりとノウハウが詰まっています。

①特殊なウェイトフィルターで不純物を取り除いた「コンデンスリッチファット」を
②「2.4mmヌードルインジェクション」という技術でバストに注入。

定着率を高める「脂肪の質」と「注入方法」を医学的な根拠から導き出し、採用しているのです。

▷THE CLINIC のコンデンスリッチ豊胸に関する詳しい情報はコチラ

 

コンデンスリッチ豊胸で授乳後の垂れた胸を元に戻した女性はたくさんいる!

「だけど、豊胸と言われるとなんだか勇気がいる……」

そんな方にぜひ読んでいただきたいのが、授乳後の豊胸の体験ブログ

 

授乳後の豊胸の体験ブログ

 

授乳後に豊胸をされた女性の、出産時の胸の様子から、豊胸を決意したきっかけ、家族の反応などを、そのままに掲載しています。

 

例えば、

「授乳後のバストを一言で言うと?」という質問に

しわしわバスト
まな板にお椀が2つ
大きな乳首だけが残った胸

という回答があったり、

「家族の反応は?」という質問に

いざとなると言えない。夫には内緒で受けました。
豊胸には断固反対でしたが、自分の脂肪を入れるのなら、と少しずつ理解を示してくれ、施術当日は冗談で「オレの脂肪も使うか?」と笑わせて送り出してくれました。
主人は、私がやりたいならいいじゃないかと言ってくれました。一緒に色々と調べてくれました。子供はまだ小さく理解できないので言っていません。

という回答があったりと、かなりリアル。

 

「この人、私と同じかも……」「それでも豊胸手術を受けたんだ」という事実は、きっと皆さんの背中を押してくれるはずです。

 

 

 

当院では授乳後のバストリメイクモニターを募集しています。

 


まとめ

  • 授乳後のバストの垂れは「糸なし・切開なし の脂肪注入豊胸」で元に戻せる
  • 脂肪注入でバストの垂れを改善するのはふうせんを膨らますことと同じ
  • 勇気がない人には体験者のブログがおすすめ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*