サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
千葉 昭彦
2018-06-01

豊胸シリコンバッグから15年〜除去手術で発覚した驚きの真実〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豊胸シリコンバッグから15年〜除去手術で発覚した驚きの真実〜

本日ご紹介するゲストは、15年前にシリコンバッグを挿入されたそうです。果たして、15年もの月日を重ねたシリコンバッグとバストはどのような状態に変化していたのでしょう? 除去手術で発覚した驚きの事実をお伝えします。

シリコンバッグ豊胸から15年を経たバストの状態は?

15年前にシリコンバッグ豊胸された女性

15年前、他院でシリコンバッグ豊胸をされた女性です。最近になってシリコンバッグにトラブルが多数あることを知り、除去を決意されたとのことで、当院の「シリコンバッグ豊胸外来」にいらっしゃいました。
正面から見たバストは至って普通に見えるかもしれませんが、シリコンバッグを除去したバストは驚くべき状態になっていたのです……。

【除去の様子】シリコンバッグが破損し、肋骨は変形していた

左の画像は、右胸のシリコンバッグを取り出した直後の様子です。ボリュームダウンはおろか、少しへこんでいるのがお分かりいただけるでしょうか。このように、シリコンバッグがバスト内の組織を強く圧迫し、肋骨を変形させてしまうことがあります。
なお、除去したシリコンバッグは酷く破損していました。バッグの変色具合から、長期間に渡って破損していたことがよく分かります。

シリコンバッグを取り出した時の様子

シリコンバッグ除去後は、コンデンスリッチ豊胸で変わらぬサイズをキープ

先ほどの写真でもお分かりいただけると思いますが、シリコンバッグの除去のみとなると、大幅なボリュームダウンと向き合わなければなりません。そのため、当院のシリコンバッグ除去手術では、ほとんどのケースでコンデンスリッチ豊胸を同時に行います。自然なバストが手に入るだけでなく、シリコンバッグが入っていた時とほぼ変わらぬボリューム感を保つことができるからです。もちろん、今回のゲストもシリコンバッグ除去と同時にコンデンスリッチ豊胸を行いました。その結果がこちらです。

シリコンバッグ豊胸時とコンデンスリッチ豊胸後の比較

いかがでしょう。左がシリコンバッグ除去前、右がコンデンスリッチ豊胸後のバストです。十分なサイズ感で自然なバストになり、ゲストにも喜んでいただけました。


まとめ

  • 15年前に挿入されたシリコンバッグは酷く破損
  • バッグの圧迫によって変形し、バストには若干のへこみが
  • コンデンスリッチ豊胸なら、バッグ時代と変わらぬサイズをキープできる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*