サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
大橋 昌敬
2018-06-26

孫と温泉に行きたい〜シリコンバッグ抜去を決意した70代女性〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
孫と温泉に行きたい〜シリコンバッグ抜去を決意した70代女性〜

「孫と一緒に温泉に行きたいのに、不自然な胸の形が気になって行けないんです……」。
悲痛な心中をお話してくださったのは、シリコンバッグ豊胸を経験された70代の女性。この度、シリコンバッグの抜去を決意され、当院に相談にいらっしゃいました。ここでは、その女性ゲストのシリコンバッグ抜去の様子をご覧いただこうと思います。
ショッキングな画像もありますが、シリコンバッグの末路はこれが現実です。是非ご覧ください。

シリコンバッグが入ったバストの状態は?

シリコンバッグ抜去前の写真をご覧ください。正面はまだしも、横から見た時のバストラインは明らかに不自然です。異物が入っている感じは、誰が見ても分かるほどではないでしょうか。ゲストご本人が、お孫さんと温泉に行けないと感じるのは無理もありません。

シリコンバッグ豊胸で不自然になってしまった胸

シリコンバッグが入ったバストは寝ても流れない

寝ても流れない胸

こちらは、シリコンバッグ抜去手術の直前のバストです。硬くなったシリコンバッグは寝ても流れないというのはよくある話ですが、まるでバストの中に石が入っているようにも見えます。

シリコンバッグ抜去後のバストは、石灰化が原因で大きく陥没

シリコンバッグを抜去したバストは、酷くくぼんでいました。原因は、シリコンバッグの周りに形成された被膜(自己組織の膜)が石灰化によって固くなっていたこと。石灰化とは、被膜の周りにカルシウムの結晶が付着することです。「シリコンバッグ抜去後、被膜の周りにある殻(=石灰化)が一部割れた状態」と言った方が分かりやすいでしょうか。
ちなみに、石灰化をこのままにしておいてもバストは柔らかくなりません。そのため、破損したシリコンバッグの抜去と一緒に石灰化した部分もキレイに取り除きました。

シリコンバッグ豊胸の失敗:石灰化

シリコンバッグ抜去後のバスト再生法は、脂肪注入豊胸

大きくくぼんだままでは美しいバストとは言えませんし、ゲストの「孫と一緒に温泉に行きたい」という願いも叶えることができません。そこで、シリコンバッグの抜去後に脂肪注入豊胸を行い、自然で柔らかいバストを目指します。経過チェックにいらした時にその成果をお見せできると思いますので、仕上がりを楽しみにしていてください。

>>シリコンバッグ抜去後に脂肪注入豊胸を行った例はコチラ<<
豊胸シリコンバッグから15年〜除去手術で発覚した驚きの真実〜

 


まとめ

  • シリコンバッグが入ったバストは、寝ても流れないことを写真で実証
  • シリコンバッグ豊胸後、石灰化が起こると抜去時にバストが凹む
  • バッグ抜去後は、脂肪注入豊胸でバストを再生できる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*